お知らせ・コラム

インプラント治療の特徴について

インプラント治療の特徴について

近年は、ブリッジや入れ歯よりもインプラントが主流になりつつあります。

インプラント治療は他の天然の歯に近い噛む力や耐久性があるため安心して咀嚼できるようになりますが、他にもさまざまな特徴があります。

そこでここでは、一般的なインプラント治療の特徴を解説しています。

また構造や仕組み、メリット・デメリットについても説明していますので、インプラント治療を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

インプラント治療の特徴

インプラントの治療は、どのような方法で行うのでしょうか?

ここではインプラント治療における特徴・構造・仕組み、メリットとデメリットを解説しています。

治療の特徴

インプラントは本来、身体に人工物を埋め込むことを言います。

そのため歯のインプラントは歯を失ったところに人工の歯根を埋め込むのが特徴です。

以前まではブリッジや入れ歯が主流となっていましたが、最近ではインプラント治療を希望する方が多くなっています。

そのため噛む力や耐久性に優れ、審美性にも大きな特徴を持っています。

構造や仕組み

入れ歯では噛む力や耐久性、審美性、異物による違和感等に問題があったり、ブリッジでも他の歯を削る必要があるなど問題がありましたが、インプラントは噛む力・審美性・耐久性に優れ、他の歯を傷つける必要がなく、自身の歯と同じように使うことができます。

その理由は、インプラントの構造や仕組みにあります。

まずインプラントは一般的には頑丈な金属(チタン)が用いられています。

(ノア歯科クリニック表参道では体に悪影響を及ぼす可能性のある金属は使用していないため、同様の強度をもつジルコニアセラミックを用いています。)

それを顎の骨に埋め込み、十分に結合させます。

このように土台が強固であるため、自然の歯と同じように噛む力を取り戻すことができるのです。

また症状に合わせて治療を行うため、失った歯が1本でも複数本でもしっかり対応できます。

メリット・デメリット

メリットが多いインプラントですが、その反面デメリットもあります。

ここではメリット・デメリットを簡単に解説します。

【メリット】

  • 自身の歯と同じ感覚で噛むことができる
  • 他の歯を傷つけない
  • 顎の骨に埋め込むため顎の骨が痩せる心配がない
  • 見た目がキレイ

【デメリット】

  • 外科手術になる
  • 保険が適用されない
  • 持病によっては対応できない(重度の糖尿病など)
  • 治療できる歯科医院が限定される

30代でのインプラント治療にリスク

本記事では、30代のインプラント治療における痛みなどのリスクをご紹介します。さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

30代でインプラントの治療を行うとどうなる?リスクについて

インプラント治療は十分理解する必要がある

いかがだったでしょうか?

失った歯を取り戻せるという意味では魅力的なインプラント治療ですが、やはりデメリットもあるので安易に治療を受けるのは避けたほうが良いでしょう。

治療を受ける前に十分理解することで安心して治療を受けられます。

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日