お知らせ・コラム

30代でインプラントの治療を行うとどうなる?

30代でインプラントの治療を行うとどうなる?

インプラントは失った歯に人工的な歯を埋め込む治療です。

30代になると歯の健康を考えて治療を受ける方もいると思いますが、リスクはどうなのでしょうか?

インプラントについてきちんと理解しておかなければ、失敗してしまうことがあります。

ここでは、30代がインプラントの治療を行った場合に受けるリスクについて解説しています。

これから治療を検討している方は、ぜひ一読ください。

30代でインプラント治療を行うリスクとは

インプラントとは人体に人工物を埋め込むことで、歯に使用する場合は「デンタルインプラント」と言います。

失った歯に人工的に歯根を埋め込み治療する方法です。

しかし、さまざまなリスクが隠れています。30代で治療を行った場合のリスクについて解説します。

痛み・腫れ・出血

まず、30代だからこういったリスクがあるということはありません。

もちろんリスクはありますが、すべての年代に言えることなので、年齢によって受けるリスクが違うということはないでしょう。

一般的なリスクは、「痛み」「腫れ」「出血」の3つが挙げられます。

歯の治療では一般的なリスクですが、対処法が用意されているので特別心配する必要はありません。

感染症のリスク

感染症に関しては「インプラント周囲炎」というものがあります。

いわゆる歯周病のようなもので埋込したときに起こりやすいと言われています。

インプラント脱落の大きな原因となりますので、日頃からしっかりとメンテナンスをする必要があります。

※当院(ノア歯科クリニック表参道)で行っている「ジルコニア インプラント」は、一般的に行われているチタン(金属)と比較し、セラミックのため汚れがつきにくいという特徴からインプラント歯周炎に非常にかかりにくいと言われています。

とはいえ、インプラントだけのためではなくお口全体の健康のためにも、日頃から歯磨きやメンテメンス等は必要です。

また万が一周囲炎になった場合でも、治療を受けた歯科医院できちんと対処してもあえるので安心してください。

意外と多いと言われている症状です。

治療費が高くなりやすい

他にも治療費や治療期間などのリスクもあります。

デンタルインプラントは保険適用外なので、どうしても治療費が高くなってしまいます。

30代こそインプラントの治療を受けたほうが良いという意見がありますが、一方で向き不向きもありますから、安易な理由で治療を受けてしまうと失敗する可能性があります。

歯のメンテナンスに積極的な方や非喫煙者、お口の健康を守りたい方にはぴったりでしょう。

インプラントの治療は慎重に行った方が良い

いかがだったでしょうか?

30代こそインプラントの治療を行ったほうがメリットが大きいですが、その一方でいくつかのリスクがあることも十分理解しておかなければいけません。

今後治療を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日