お知らせ・コラム

セラミック治療のデメリットとは?おすすめできないケースもある?

セラミック治療のデメリットとは?おすすめできないケースもある?

虫歯の治療や、美容目的で用いられる「セラミック治療」。

セラミックを使った詰め物や差し歯は、天然の歯に似た色合いやツヤを再現することができます。

しかし、セラミックは、金属である銀歯に比べ脆いというのも特徴です。

そこで、今回はセラミック治療を考えている人に向けて、セラミックのデメリットや後悔しないためのポイントなどを紹介します。

ぜひ、参考にして不安を解消した上で治療に臨みましょう。

 かけたり割れたりすることがある

セラミックは、傷に強かったり、摩耗や腐食、変形に対する耐性に優れるという特徴はありますが、構造は陶器と同じです。

強い衝撃がかかると、かけたり割れたりすることがあります。

とくに、歯ぎしりや食いしばりがひどい人は注意が必要です。

脆さに対する耐性という点では、銀歯などの金属の方が優れているといえるでしょう。

現在では接着技術が進歩し、脆さの問題が改善してきていますが、歯とセラミックを接着する行程で留意する点がいくつかあるため、それらを考慮して行ってくれる歯医者さんをオススメします。

歯を削る量が増える

かけたり割れたりすることがあるセラミック。

その強度を高めるためには、厚みが必要です。

そのため、セラミック治療をする際には、歯を削る量が増えてしまいます。

とくに、美容目的でセラミックにする場合は、健康な歯を削ることになってしまうことをしっかり理解しておく必要があります。

治療費が高い

セラミック治療は、保険外治療となります。

そのため、一般の歯科治療に比べ治療費が高くなるのもデメリットです。

虫歯治療の場合も、セラミックにする際には事前に金額をしっかりと確認しておきましょう。

おすすめできないケースもある

噛み合わせの力が強い人や、上下の歯の間に隙間がなく十分なセラミックのスペースが確保できない場合などは、セラミックの寿命を縮めてしまいます。

歯ぎしりや食いしばりのくせがある人、歯が欠けやすい人、歯がぐらついている人などは、セラミック治療を始める前に、それらに対する対処を行ってからセラミック治療を行う必要があります。

セラミックとインプラントの違い

セラミックとよく比較されるのがインプラントです。

インプラントについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

セラミックとインプラントの違いについて

 

セラミック治療を受ける前にデメリットも知っておこう!

いかがでしたでしょうか?

セラミック治療を始める前には、メリットとデメリットの両方を理解しておくことが大切です。

噛み合わせなど、不安がある場合には、治療前にカウンセリングをしっかりとしてもらいましょう。

 

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いいたします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日