お知らせ・コラム

セラミックとインプラントの違いについて

セラミックとインプラントの違いについて

歯が欠けたり、失ったときに行う「詰め物・被せ物のセラミック治療」と「インプラント治療」。

それぞれには、いくつかの違いがあります。

ここでは、セラミック治療とインプラント治療をしっかり理解するために、それぞれの違いを解説しています。

歯根の状態でどちらを選択するべきか異なりますので、治療を検討している方は事前にしっかり確認しておきましょう。

セラミックとインプラントの違いとは

歯の治療の一種である「詰め物・被せ物のセラミック」と「インプラント」。

最近よく耳にする言葉ですが、それぞれの違いについてご存知でしょうか。

言葉は知っていても、どんな治療法でどんな違いがあるのか知っている方は少なくありません。

ここでは、詰め物・被せ物のセラミックとインプラントの違いについて解説しています。

セラミックとインプラントの特徴

詰め物・被せ物のセラミックとは、健康な歯根が残っている歯に行う治療方法です。

自分の歯の根が残っているため、ものを食べたときの噛みごこちはそのまま、

色や形を整えたり、歯並びも綺麗にでき見た目の印象をグンと上げてくれます。

またオールセラミックであれば、金属を使用しないので、アレルギーの方でも安心して治療を受けられるでしょう。

一方でインプラントは、アゴの骨の中に埋まっている歯根も失ってしまった場合に行う治療方法です。

失った歯の部分に人工的な歯根を埋め込みます。多くの歯医者さんではチタン製の金属を用いているのが特徴です。

ジルコニアというセラミックを用いたインプラントもありますが、技術力が必要になります。

健康意識の高い方はジルコニアインプラントを希望する場合が多いですが、ジルコニア自体がチタンと比較して非常に高価になるため、取り扱っている歯科医院が少ないのが現状です。

※ノア歯科クリニック表参道には、日本に数名しかいないジルコニアインプラントの認定指導医がおりますのでご興味のある方はお気軽にご相談ください。

それぞれの違いについて

どちらも歯を補う治療ということは同じですが、使用する素材や治療後の状態が異なります。

まず詰め物や被せ物のセラミック治療では、メタルボンドという治療法を除けば金属は一切使用しません。

しかし、インプラントでは、セラミックのジルコニアインプラントを除けば、チタン製の金属を使用します。ほとんどの歯医者さんはインプラントの素材は金属だと思ってください。

またインプラントの場合、歯の根元まで失ってしまった場合に適した治療法です。

そこまでいかない(歯の根は残っている)のであればセラミックで十分治せるでしょう。

まとめると以下の通りになります。

・歯根を失ったらインプラント

・歯根が残っていたら詰め物・被せ物のセラミック

・インプラントの金属はほとんどがチタン製

・セラミックはメタルボンドを除き、金属を使用しない

・インプラントは顎の骨と結合するため安定している

ちなみに、主に用いられているセラミックの種類は「ジルコニアセラミック」「オールセラミック」「ハイブリッドセラミック」「メタルボンド(金属が使用されています。表面のみセラミック)」などが挙げられます。

セラミック治療にかかる期間

本記事では、セラミック治療にかかる期間と流れについてご紹介します。セラミック治療をご検討の方は、こちらの記事をご参照ください。

セラミック治療にかかる期間とは

セラミックとインプラントはしっかり理解しておこう

いかがだったでしょうか?

同じ歯を補う治療でも歯根が残っていればセラミック、歯根まで失っていればインプラントの治療を行うことが分かりました。

それぞれの治療にはメリット・デメリットがありますので、歯医者さんでしっかりと聞きましょう。

そして、十分に理解して納得した上で治療をはじめましょう。

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日