お知らせ・コラム

歯のセラミックにはいろんな種類がある?

歯のセラミックにはいろんな種類がある?

近年、セラミックの治療を希望する方が増えています。

セラミック治療とは、その名のとおり歯にセラミックを施すことで治療方法はいくつかあります。

またセラミック治療の種類によって特徴や目的なども異なりますから、十分なカウンセリングが必要になるでしょう。

そこでここでは、歯のセラミック治療の種類を解説しています。

これからセラミック治療をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

歯のセラミック治療の種類を解説

セラミック治療と聞くと歯並びを美しくするイメージが強いですが、他にもさまざまな目的により使われています。

セラミック治療の種類によって、特徴や適した用途が異なりますので、治療前に知っておくと安心です。

ここでは歯のセラミック治療の種類について解説します。

ラミネートべニヤ

歯並びをすぐに整えたい、歯を白くしたい、虫歯を治したい、ガミースマイルを治したい等、目的やその方のお口の中の状況により異なりますが、一般的に、ラミネートべニヤ・メタルボンドクラウン・オールセラミッククラウンの3つが用いられます。

ラミネートべニヤは歯の表面を薄く削り、セラミックを貼っていくのが特徴です。

金属を使用しないので歯肉が色素沈着する心配がありませんし、治療も短期間で済みます。歯によってはホワイトニングで希望の白さを得られない方もいますので、ホワイトニングでは白さが得られなかった方など、歯を白くしたい方には良いでしょう。

他にも「すきっ歯」改善にも適しています。

メタルボンドクラウン

ラミネートべニヤとは違い、歯全体を削るのが特徴です。

セラミックの内側に金属を使用するため透明感が劣ります。また、金属アレルギーになる可能性もあります。

その他にも金属によって歯肉が色素沈着する場合があります。

しかし、表面はセラミックのため、年数が経ってもセラミックは変色しにくいため、きれいな歯を維持することができます。

オールセラミッククラウン

メタルボンドクラウン同様、歯全体を削ります。

そのうえからセラミックで作られた冠を被せますが、金属は使用しないので透明感が出ます。

審美性にこだわっている方に適した治療法と言えるでしょう。

金属アレルギーの方でも安心です。

ただし、しっかりと噛み合わせ等の調整を行わない場合や衝撃を受けると割れやすいので気をつけてください。

ハイブリッドセラミック

手軽にセラミックをしたい方におすすめです。

セラミックにプラスチックを混ぜてつくられた被せ物のため、価格も他のセラミック治療に比べて安くなります。

ただプラスチックが混ざっている分、削れやすかったり、経年的に色が変色したりするため、審美性や機能性を重視する方には適していません。

セラミックの治療は自分に合ったものを

いかがだったでしょうか?

セラミックの治療は、安く手軽にできるものもあれば審美性や機能性などにこだわって治療することもできます。

しかし一番大切なことは、“自分に合ったもの”を選ぶことでしょう。

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日