お知らせ・コラム

歯が黒い原因について代表的なものを紹介

歯が黒い原因について代表的なものを紹介

歯が黒い原因はなんでしょうか?

ほとんどの方は虫歯を想像すると思いますが、それだけではありません。

ここでは、歯が黒い原因について解説しています。

軽度のものから重度のもの、早めに治療したほうが良いものまで幅広いので、きちんと原因を知りきちんと治療を受けましょう。

歯が黒いのが気になるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

また黒いと感じたら放置しないことが大切です。

歯が黒い場合の原因

歯が黒い原因はさまざまです。

なんてことないものもあれば、治療が必要なものもあります。

ここでは歯が黒い原因について解説します。

着色やヤニ

普段の生活で歯が黒くなってしまうことがあります。

それが着色やヤニです。

着色と聞いて「どういうこと?」と思う方もいるかもしれませんが、わかりやすいのがカレーやチョコレートなどが挙げられます。

これらを好んで頻繁に食べる方は、歯が黒くなりやすいと言われています。

他にも、ケチャップやぶどうなどでも着色しやすいでしょう。

ヤニはいわゆる「煙草」です。

ヘビースモーカーの方や喫煙期間が長い人ほど、歯が黒くなりやすいので気をつけてください。

虫歯や歯周病

歯が黒い原因でもっとも多いのが虫歯です。

虫歯になると歯のミネラルが溶け出し、そこにさまざまな色素が沈着し黒くなります。

虫歯が進行すると非常に危険ですので、黒いと感じたらすぐに歯医者さんで診てもらうことをおすすめします。

一方で歯周病による歯の黒さは、歯石によってそう見えます。

血液成分と歯石が混ざることで黒く見え、歯自体が黒くなるわけではありません。

詰め物や被せ物によるもの

いわゆるメタルタトゥーというもので、詰め物や被せ物に使われる金属によって歯茎が変色してしまいます。

金属は長年使っていると徐々に褪せていきますが、詰め物や被せ物も同様です。

神経のない歯が黒くなる

歯の中には神経があり、神経のない歯とは、虫歯になって神経を取り除いてしまった歯や、転倒やケガなどで歯が破折して神経が死んでしまったりした歯のことです。

神経は歯に栄養を与える役割をしているため、神経が死んでしまうと歯に栄養が行き届かなくなり歯がミイラ化して黒くなってしまうというわけです。

歯が黒いときの対処法

本記事では、歯が黒い時の対処法について、病気別に紹介します。さらに知りたい方は、ことらの記事をご参照ください。

歯が黒いときの対処法とは?

歯が黒い原因はきちんと理解しておこう

いがかでしたでしょうか?

歯が黒いと言っても原因はさまざまです。

着色やヤニであれば簡単に治療できますが、虫歯や歯周病など歯の病気が原因の場合は病気が進行する前に治療することが大切です。黒いと気づいたときにすぐ受診するようにしましょう。

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日