お知らせ・コラム

歯の根元が黒い原因はなに?

歯の根元が黒い原因はなに?

鏡を見たときに歯が黒いと気になります。

歯は第一印象にも影響しますから、少しでも黒くなっているのが気になるのであればきちんと対処する必要があります。

ここでは、歯の根元が黒い原因について解説しています。

もっとも多いのが「虫歯」「歯周病」「着色」「ヤニ」ですが、なぜこれらで黒くなってしまうのでしょうか?

原因を知って正しい方法で治療を受けましょう。

歯の根元が黒くなる原因とは

歯は意外と目に入りやすい場所なので、黒くなっているとコンプレックスになりやすい場所です。

黒くなる部分は歯の根元だったり、全体的になる場合もありますが、歯の根元が黒くなる原因で多いのが下記の4つです。

虫歯

一番考えられるのは「虫歯」です。

症状が悪化し歯の内側まで虫歯が広がってしまうと、歯が黒くなりやすいと言われています。

進行すると痛みを感じるようになり治療に時間がかかるので注意が必要です。

また虫歯が進行し、ひどい場合は神経を抜く処置が必要になる恐れもあります。

歯周病

重度の歯周病の場合は、歯ぐきが黒ずんでくることがあります。また、歯と歯ぐきの溝の中に黒い歯石が溜まっていることもあります。

歯の根元が黒いと虫歯を疑いがちですが、歯ぐきが引き締まると、黒い歯石が顔を出す場合があります。

ですから、歯が黒いからと言ってすぐに虫歯を疑う必要はありません。

歯周病は歯と歯肉の境目に細菌が溜まり炎症を起こす病気です。知らず知らずのうちに骨を溶かす恐ろしい病気なので、そのままにせず歯と骨を失う前に歯周病治療を受けることをおすすめします。

色素沈着

タバコを吸う方は、タバコに含まれる成分から歯ぐきを守るために色素沈着が起こり、黒く変色する場合があります。

歯自体もヤニによって茶色く変色してきます。

また、どんなに歯を磨いていても色の濃い食べ物ばかり食べていると歯に色がつきやすくなります。

メタルタトゥー

メタルタトゥーで歯の根元が黒くなる場合があります。

これは歯が黒くなるのではなく、歯ぐきが黒くなります。

メタルタトゥーは、いわゆる被せ物や詰め物などに使われている金属が溶けだし、歯ぐきに色素沈着し黒くなります。

根管治療の治療方法

本記事では、根幹治療の治療方法の流れや時間、治療回数についてご紹介します。さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

根管治療の治療方法について

歯の根元が黒い場合はすぐに受診しよう

虫歯や歯周病の場合は、早めの治療が肝心です。歯の根元が黒いと感じたらすぐに歯科医に診てもらいましょう。

歯に付着した着色やヤニであればすぐに綺麗になりますが、虫歯や歯周病は悪化すると治療が大変になるので気付いたときに悩まず受診することをおすすめします。

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日