お知らせ・コラム

根管治療の治療方法について

根管治療の治療方法について

虫歯をそのままにしておくと根管治療が必要になる場合があります。

また治療にも時間がかかるので、痛みを感じた時点ですぐに受診するようにしましょう。

そうすることで根管治療を受けずに済みます。

ここでは、万が一根管治療を受けることになった場合の治療方法について解説しています。

治療の流れや治療回数、どれだけの期間で終了するかなども説明していますので、初めて治療される方は参考にしてみてください。

根管治療の治療方法

根管治療とは、ひと言で言うと“歯の神経が入っている管の治療”のことを言います。

根の治療や歯内療法とも呼ばれており、虫歯が悪化し歯の神経まで達してしまった際に行われる治療です。

では、根管治療はどのように行うのでしょうか。ここでは治療について解説します。

基本的な治療の流れ

根管治療は、治療に入る前にレントゲンや診査で原因や根の治療の有無を診断します。

虫歯がひどいから根管治療をするというわけではありません。

また治療後もきちんと治るのかも診断する必要があります。

治療は、まずは詰め物・被せ物が入っていればそれを除去します。

虫歯がある場合も除去していきます。

歯の神経の入口を整え、専用器具を使って歯の神経を取り除き、道筋(根管)を掃除します。

根管内がきれいになったら、一般的な歯医者さんではゴム系の材料を使って根の中を封鎖します。

封鎖する材料は、特に自費診療では、生体親和性(体へのなじみ)の良さや、治療効果を高めるために、ゴム系の材料とは違う高価な材料を使用している場合もあります。

※ノア歯科クリニック表参道では、最新の研究結果・臨床実績などを踏まえ、治療の成功率を高め再発率を減らすため、自費診療ではゴム系の材料は使用しておりません。

根管が封鎖されたら、土台をたて、その上に被せ物をして治療終了です。

ちなみにゴム系などの材料で根の中を封鎖するのは、痛みが取れた後に行います。

治療にかかる時間

治療の流れを見ると簡単に終わりそうですが、実際は想像以上に多くの時間がかかります。

また治療回数も多いので、治療前にきちんと理解しておく必要があります。

では、実際どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

根管治療は自費診療の場合を除き、短い期間で終了できるものではないので、保険診療では早くて約1ヶ月~、長い場合には数ヶ月にも及びます。

治療回数について

一般的な保険診療では、治療にかかる回数も決して少なくありません。

根管の数や状態にもよりますが、自費診療で1~3回程度、保険診療では2~5回程度(またはそれ以上)になります。歯医者さんへ通院する頻度により治療期間は異なりますが、複数回の通院が必要となるため完治までに1ヶ月以上かかってしまいます。

根管治療は1週間に1回程度のペースが一般的です。

また、難しい根の形、根管の数が多い、根の痛みがひどい場合など、状態によってはそれ以上の治療回数が必要になるでしょう。

どの歯を治療するかでも回数は変わってきます。

前歯は奥歯に比べて根管数が少なく治療しやすい場合が多いので、前歯の方が治療回数は少なくなります。

根管治療の治療は十分理解する必要がある

いかがでしたか?

根管治療はすぐに終わるものではないので、どんな治療方法でどれだけの期間かかるのか十分理解しておく必要があります。

余裕をもって治療に挑みましょう。

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日