お知らせ・コラム

アマルガムとは?知っておきたいアマルガム除去の危険性

アマルガムとは?知っておきたいアマルガム除去の危険性

過去に治療した歯に、銀色の詰め物が入っている方は少なくないでしょう。

これが何年も前のものだと、詰め物にアマルガムという金属が使われている可能性があります。

アマルガムは環境への影響などが指摘される物質で、最近ではその除去を希望する方も増えてきました。

そこで知っておいてほしいのが、アマルガム除去の危険性です。

ここではアマルガム除去をお考えの方のために、その危険性について解説します。

歯の詰め物に使われるアマルガムの危険性

 

アマルガムという名前自体、あまり聞いたことがなかったという方も多いでしょう。

アマルガムは歯の詰め物として広く使われてきた物質で、水銀を多く含んでいるのが特徴です。

アマルガムに含まれる水銀は無機水銀といって、水俣病などで知られる有害なメチル水銀とは性質が異なります。

しかし、アマルガムに含まれる水銀が溶けて少しずつ体内に蓄積し、健康被害につながる危険性を指摘する声もあるのは事実です。

また、水銀使用が環境汚染につながること、金属アレルギーへの影響なども考慮され、アマルガムを使う歯科医師は減ってきました。

現在、海外ではその使用を禁止している国もあります。

日本の場合は使用禁止にはなっていないものの、2016年以降は保険適用から外されており、保険診療の歯科治療の現場では使われなくなっているのが現状です。

アマルガム除去に潜む危険性とは?

 

「水銀を含んでいるのなら、怖いからすぐに除去したい」という方は少なくありません。

また審美的観点から、アマルガムを取り除きたいと考える方もいるでしょう。

しかしここで知っておきたいのが、アマルガム除去に伴う危険性についてです。

アマルガムに含まれる水銀は、除去の過程で熱によって蒸気化します。

蒸気化した水銀は簡単に体内に入り込まれ、水銀中毒などを引き起こしかねないのです。

このためアマルガムを取り除きたいとお考えの場合は、その危険性をきちんと理解し、適切な除去方法・対策を行っている歯科医院を探すことをおすすめします。

銀歯のリスク

そもそも銀歯にもリスクが存在します。

銀歯のリスクについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

銀歯だらけでいる3つのリスク

アマルガム除去は信頼できる歯科医院で

いかがでしたでしょうか?

口内のアマルガムを取り除きたいと考えている方は、アマルガム除去に理解のある歯科医院に相談するのがおすすめです。

 

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いいたします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日