アマルガム除去

  • HOME
  • アマルガム除去

危険なアマルガム・
安全なアマルガム除去

銀色の詰め物に要注意

銀色の詰め物に要注意

過去に歯科治療を受けたことのある方、お口の中を見てください。
銀色の詰め物は入っていませんか?
2016年の診療報酬改定により、アマルガムは歯科治療の保険適用から外れていますが、以前は歯の銀色の詰め物といえばアマルガムというほど主要な材料でした。そのため、現在でも多くの方の口の中にアマルガムが入っています。

恐ろしいアマルガムの毒性

恐ろしいアマルガムの毒性

歯科材料として使われている金属のなかでも、水銀を含むアマルガムは問題視されています。
水銀の強い毒性は、水俣病の歴史が示す通り、歯肉炎、腎障害、循環器障害、聴力障害、視野狭窄、うつ、健忘、不眠、震え、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などが知られています。

取り扱い厳重注意のアマルガム

環境省は、歯科用アマルガムや歯科用水銀について「環境に排出された水銀は生物に蓄積し、人や野生生物の神経系に有害な影響を及ぼす」として、早期処理と適正な処理のため専門業者に処理を委託するよう勧告しています。

上記のように「水銀は生物に蓄積する」ことから、水銀は魚にも蓄積しやすく、世界各国で魚の摂取量の上限を示す勧告がでているほどです。WHOとFAO(国連食糧農業機関)が運営するJECFAでは、「人が一生にわたり摂取し続けても健康に影響が現れない魚介類の1週間あたりの摂取量の指標」も発表されています。日本では、胎児に与える影響を懸念し「妊婦への魚介類の摂取と水銀に関する注意事項」を公表しています。

アメリカ歯科医師会のアマルガムの取り扱いガイドライン等では、水銀は冷暗所で厳重保管、アマルガム操作は換気のよい部屋で行う、水銀・アマルガムは加熱させない、歯科スタッフは水銀蒸気の危険性を周知し取り扱う、アマルガムは除去する時に熱で蒸気化し水銀汚染リスクを高める等、その危険性を示しています。

ここで注目していただきたいのは、
水銀は蒸気化する、
水銀蒸気には危険性がある
ということです。

アマルガム水銀は体内に入り込む

アマルガム水銀は体内に入り込む

アマルガム中の水銀は、「①水銀蒸気」と「②水銀イオンの溶出」で体内に蓄積します。

①噛んだり、歯磨きでこすったり、あるいは温かいものを飲んだりすると、簡単に水銀の蒸発が起こります。つまり水銀蒸気が発生します。

②アマルガムに限らず歯科治療で入れた金属は、少しずつイオン化して溶けだし、体に吸収されていきます。

アマルガムが口の中にある人は、毎日、水銀という猛毒を、水銀蒸気として吸い込み、水銀イオンを取り込んで、全身に送り込んでいるのです。

安全なアマルガム除去

「アマルガムが入っているなら、できるだけ早く除去したい」アマルガムの危険性を知り、歯科クリニックに除去を依頼する方が増えてきています。歯医者さんから別の材料にかえては、と提案をされた方もいるのではないでしょうか。

しかし、除去にも大きな問題があるのです。

安全なアマルガム除去

先程のガイドラインを思い出してください。アマルガムは除去する時に熱で蒸気化するのです。
大量の水銀を含む猛毒ガスが一気に発生します。

深く考えずに除去してしまうと、それらを一気に体内に取り込み、水銀中毒症状を起こしてしまう可能性があります。よかれと受けた除去治療でかえって、体に大きなダメージを受けてしまうことになりかねません。

当院のアマルガム除去風景

当院のアマルガム除去風景

また、その水銀汚染リスクは、除去する患者さまだけでなく、歯科スタッフ、同時刻に治療している周りの患者さま、除去直後に治療に来られた別の患者さまにも及びます。
自分の知らないところで、歯医者さんに行って、水銀汚染にあっているかもしれません。

アマルガムを除去する時には、安全に除去するために、アマルガム除去についての正しい理解と対策が十分な歯科クリニックを選ぶことをおすすめします。

料金

内容 アマルガム除去 料金
料金 アマルガム除去 100,000円(税込110,000円)/1歯

■ 治療回数・期間:1回(1日)
※治療回数・期間は目安になります。除去する本数、ご希望により異なります。
■ 治療による主なリスク・副作用
アマルガムを除去する歯に大きな虫歯があったり、神経に近い場合は、神経への刺激により一時的に痛みが生じる可能性があります。

アマルガム除去Q&A

Qアマルガム除去は痛いですか?
A

除去前に麻酔を行いますので、痛みはございません。
また、麻酔に関しましても痛みを最小限に抑えるために注射前の表面麻酔の塗布や打ち方の工夫など独自の取り組みを行っておりますので、痛みに不安のある方もご相談ください。

Qアマルガム除去は痛いですか?
A

除去前に麻酔を行いますので、痛みはございません。
また、麻酔に関しましても痛みを最小限に抑えるために注射前の表面麻酔の塗布や打ち方の工夫など独自の取り組みを行っておりますので、痛みに不安のある方もご相談ください。

Qアマルガム除去にはどのくらい時間が掛かりますか?
A

除去する本数にもよりますが、30分~1時間程度とお考えください。

Q詰め物がアマルガムかどうか見分ける方法はありますか?
A

アマルガムは、より劣化しやすく錆びやすいため、銀歯よりも黒ずんでいるのが特徴です。
お口の中に入っている銀歯が黒ずんでいるかもと感じられた場合はアマルガムかもしれません。お気軽にご相談ください。

Q詰め物がアマルガムかどうか見分ける方法はありますか?
A

アマルガムは、より劣化しやすく錆びやすいため、銀歯よりも黒ずんでいるのが特徴です。
お口の中に入っている銀歯が黒ずんでいるかもと感じられた場合はアマルガムかもしれません。お気軽にご相談ください。

Qアマルガム除去はどこの歯医者さんでも出来ますか?
A

アマルガムの除去自体はどこの歯医者さんでも対応してくれるかと思います。
しかし、適切な除去方法をすべての歯医者さんが出来るかというとそうではありません。医科でも専門性があるように歯医者さんでもアマルガム除去に関する知識がない先生もいらっしゃいます。
間違った除去方法で安易に除去してしまうと、水銀の毒性により健康被害を受けることもあり得ます。

Qアマルガム除去はどこの歯医者さんでも出来ますか?
A

アマルガムの除去自体はどこの歯医者さんでも対応してくれるかと思います。
しかし、適切な除去方法をすべての歯医者さんが出来るかというとそうではありません。医科でも専門性があるように歯医者さんでもアマルガム除去に関する知識がない先生もいらっしゃいます。
間違った除去方法で安易に除去してしまうと、水銀の毒性により健康被害を受けることもあり得ます。

Qアマルガムは今でも使われているのですか?
A

少し前までは一般的に使用されている材料でしたが、現在は使用している歯医者さんは少なくなってきております。
しかし、保険適用の材料ではなくなったものの現在でも使用している歯科医院もあるかと思います。

Qアマルガムは今でも使われているのですか?
A

少し前までは一般的に使用されている材料でしたが、現在は使用している歯医者さんは少なくなってきております。
しかし、保険適用の材料ではなくなったものの現在でも使用している歯科医院もあるかと思います。

Qアマルガムを除去するときはラバーダムはしてもらえますか?
A

アマルガム除去時にはラバーダムを行っております。

通常の治療時に使うバキューム(掃除機のようなもの)で吸うだけではアマルガムの削りカスが口の中に溜まってしまうからです。そのため、アマルガム除去時にはラバーダムというゴムの堤防を行い、できる限り患者様が水銀を摂取することのないよう取り組んでおります。

Qアマルガム除去は保険診療でできますか?
A

一般的な歯医者さんで金属の詰め物や被せ物を取り除く方法であれば、保険診療内で行うことが可能です。

しかし、患者さまへの安全性を考慮し、当院ではアマルガム除去時に独自の方法を行っております。
保険診療で行う除去方法と比較し、使用機材が異なるだけでなく手間や時間もかかってしまうため、自費診療とさせていただいております。

Q今まで飲み込んでしまったアマルガムは大丈夫なのですか?
A

人間には不要な物を排出する機能が備わっておりますが、過剰に取り込んだ場合や排出能力が低下している場合、高齢の方など、さまざまな要因が重なり合い健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
当院ではデトックス指導も行っておりますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

Q今まで飲み込んでしまったアマルガムは大丈夫なのですか?
A

人間には不要な物を排出する機能が備わっておりますが、過剰に取り込んだ場合や排出能力が低下している場合、高齢の方など、さまざまな要因が重なり合い健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
当院ではデトックス指導も行っておりますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。