お知らせ・コラム

セラミックの歯とは何が違う?ジルコニアを選ぶ5つのメリット

セラミックの歯とは何が違う?ジルコニアを選ぶ5つのメリット

この記事では、歯科治療を行っている方や検討中の方に向けてジルコニアのメリットを解説していきます。

ジルコニアは一般的な歯科素材として知られるセラミックの1種で、包丁やゴルフクラブに使われるほどの強度と、人工ダイヤモンドとしてアクセサリーに利用される美しさを兼ね備えています。

歯の詰め物や被せ物、インプラントなどの幅広い用途があるため、歯の治療を行っている方や検討中の方はそのメリットを知って参考にしてみてください。

ジルコニアの5つのメリット

ジルコニアには、次のような5つのメリットがあります。

特徴を知って治療に活かしていきましょう。

メリット1.虫歯が再発しにくい

ジルコニアは虫歯の菌が出す酸に強い素材のため、虫歯の再発を抑制できます。

一方、同じ歯科素材の中でも金属はこの酸に弱いため、劣化を招き、歯と金属の隙間などで虫歯の増殖・再発の危険性を高めます。

虫歯の再発を防ぎたい人は、歯科素材の特徴を理解して治療を進めるようにしましょう。


メリット2.自然な見た目に仕上がる

最近のジルコニアは、以前と比較し透明感も表現できるようになり個人に合った色合いを再現しやすい素材になっています。そのため、美しく自然な見た目に仕上がります。

また、金属で起こりやすい歯茎の変色を引き起こす心配もなく、汚れもつきにくいため、長期にわたって美しさを維持することができます。

 

メリット3.金属アレルギーの心配がない

ジルコニアは金属を使わない素材のため、金属アレルギーの人でも安心して利用できます。

また、金属の劣化や変形、汚れなどから誘発される歯周病や虫歯の再発などが気になる人にも好まれる素材です。

人工関節に使われるなど、生体親和性が高く身体への負担も小さいことも安心できるポイントです。

 

メリット4.強度や耐久性に優れている

ジルコニアは、一般的なセラミックの10倍以上の強度をもつ素材です。

そのため、さまざまな設計に対応可能で、従来のセラミックでは割れてしまうリスクが高かった患者様の治療にも使えます。

また、金属と比べて劣化がしにくいなど、耐久性に優れている点もメリットです。

 

メリット5.幅広い歯科治療で使える

ジルコニアは、詰め物や被せ物、義歯などの幅広い歯科治療に使えます。

かつては強度が高いため加工がしにくいといわれていましたが、技術の進歩により自由度が広がったため、ブリッジやインプラントなどにも使われています。

 

セラミック系素材のジルコニアを上手に活用しよう!

いかがでしたでしょうか?

歯科治療中の方や検討中の方は、ジルコニアのメリットを理解し、上手に活用してみてください。

 

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いいたします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

 

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日