お知らせ・コラム

ラバーダムとは?

ラバーダムとは?

ラバーダム防湿とは、治療する歯以外の部分をゴムの膜で覆い、唾液などが治療部位に入り込まないよう隔離する処置です。

 

口の中には、数多くの細菌が存在し、唾液中にもたくさんの細菌がいます。

 

唾液や呼気に含まれる細菌や湿気をゴムの膜で遮ることで、治療する歯が汚染されないようにしているのです。

 

 

治療部位は、できる限り感染リスクを減らし、無菌的な状態の中で治療することがよりよい治療に結びつきます。

 

特に有用なのが根管(歯の根っこ)の治療時です。

 

ラバーダムを行うことで、汚染された唾液が根管内に侵入しないため、治療の成功率があがることが実証されております。

そのため、世界の最高水準の治療では必須の治療手技になります。

 

 

その他、接着剤を用いて歯を修復する時などでもラバーダムは有用です。接着効果の向上、器具の誤嚥などを防止できます。

 

デメリットとして、鼻詰まりなどで鼻呼吸が難しい場合は、息苦しさを感じるため行えないこともあります。また、ゴムの膜の装着自体に違和感等を感じる方もおられます。

当院でも、ラバーダムが苦手という方もおります。

 

当院のマイクロエンド(精密根管治療)では必須の治療手技にはなりますが、ラバーダムが嫌だなと感じる場合は、ご遠慮なくお申し出ください。

 

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日