お知らせ・コラム

オールセラミックのメリットが知りたい!後悔しないポイントとは

オールセラミックのメリットが知りたい!後悔しないポイントとは

虫歯治療の際に、銀歯にするかオールセラミックにするかを尋ねられた経験はないでしょうか。

どちらを選ぶかによって仕上がりが全く異なりますが、治療にかかる金額にも差があります。

銀歯については馴染みがあるけど、オールセラミックについてはよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、治療方法の選択に悩んでいる方へオールセラミックのメリットをご紹介しています。

虫歯治療に向けてぜひ参考にしてみてください。

オールセラミックとは

オールセラミックは自然な白さが特徴の歯の修復材料(被せもの・詰めもの)です。

陶器素材で作られており、金属を一切使用していません。

オールセラミック3つのメリット

それではさっそく、オールセラミックのメリットについてご紹介します。

メリット1:見た目が美しい

オールセラミック最大のメリットともいえるのが、審美性の高さです。

まわりの歯となじむ色味でつくられるため、天然歯のように自然で、口を大きく開けて笑っても虫歯がそこにあったようには感じさせません。

また、神経が死んでしまった歯、神経のない歯は徐々に黒っぽく変色していきます。

このような歯は通常のホワイトニング方法では白くすることができません。

さらに神経がないため栄養が行き届かず歯が脆くなりますので、虫歯が大きい場合や歯の欠損が大きい場合はオールセラミックの被せもの治療をお勧めしております。

メリット2:虫歯の再発が起こりにくい

金属製の詰めものや被せものでよく起こりやすいのが虫歯の再発です。

金属は、オールセラミックに比べて素材自体が劣化したり変形します。歯と被せ物・詰め物の間に隙間が生じることで、その隙間へ虫歯菌が入り込み、密かに虫歯が進行していくのです。

また金属はセラミックと比較して汚れもつきやすくなります。そこにたまってしまった汚れから細菌量が増え、虫歯や歯周病を引き起こす原因にもなり得ます。

虫歯の再発が起こるとせっかく治療した歯をもう一度削らなければならなくなります。

しかし、オールセラミックはこのようなことが起こりにくいため、虫歯の再発防止においても大変優れています。

メリット3:変色しにくい

例えば「レジン」も仕上がりが白いですが、プラスチック製のため傷つきやすく変色もしやすいです。

黄ばんだような色になってくるため、前歯のような目立つ場所だとニッコリ笑うのも臆してしまう方がいるのではないでしょうか。

しかし、オールセラミックは経年による変色がほぼありません。

美しい状態を長く保つことができるのも、オールセラミックの大きなメリットでしょう。

メリット4:金属アレルギーにも安心

オールセラミックの特徴でもあるように、金属を一切使用していません。

そのため、金属アレルギーの方は安心して治療を受けられ、また治療後も快適に過ごせます。

オールセラミックのデメリット

ここまではオールセラミックのメリットについて述べました。

逆にデメリットは何なのでしょうか。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

オールセラミックのデメリットとは?費用以外にも注意したいポイント

 

見た目だけでなく虫歯の再発防止にも効果的なオールセラミック

いかがでしたでしょうか?

見た目だけではなく、虫歯の再発防止や歯周病予防にも優れているのがオールセラミックの魅力です。

ぜひ虫歯治療の方向性を決める際に、お役立てください。

 

当サイトはノア歯科クリニック表参道が運営しております。

当医院へのご予約を希望の方は以下ページよりお願いいたします。

表参道周辺の歯医者で最先端の治療を受けたいならノア歯科クリニック

 

「健康」を追求する精密治療が「美しさをつくる」
ノア歯科クリニック表参道
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-2青山菊正ビル2F
Tel:03-6450-6760
診療時間:10:00~13:30/14:30~18:30
休診日:祝日