ホワイトニング

  • HOME
  • ホワイトニング

ノア歯科クリニック表参道の
ホワイトニング

「ノアホワイト」とは?

白さ」を追求し、「歯の健康」を守ります。

Whitening

「白さ」を追求し、「歯の健康」を守ります。

ノアホワイトは、より確実に歯を白くするため「分割ポリリン酸Na(※)」「炭素」配合し、ホワイトニング効果を高め、従来のホワイトニングの欠点(しみる、あまり白くならない・・)を克服した「歯を守りながらも、美しい白い歯をつくる」画期的なホワイトニングです。

さらに、虫歯や歯周病予防の効果も期待できるため、美しく健康へ導きます。

※ポリリン酸は、生体内にもともと存在する安全な生体高分子です。
ホワイトニング効果を最も発揮するのは、長さが短い「短鎖」のポリリン酸です。「短鎖」のみ精製・使用したものが、分割ポリリン酸Naです。

ノアホワイト6つの特徴

ノアホワイト6つの特徴
  • 1. 従来の約3倍白くなる
  • 2. 痛みがでにくく、しみにくい
  • 3. 白さが長続き(色戻り・着色が少ない)
  • 4. 歯にやさしい
  • 5. 食事制限なし(直後から何でもOK)
  • 6. 虫歯・歯周病の予防効果が期待できる

ホワイトニングの比較

※表は左右にスクロールできます。

漂白力

持続考課

歯へのダメージ

食事制限

痛み

ノアホワイト


約3倍白くなる


なし


しみにくい

従来のホワイトニング


あり


しみやすい

エステ・市販品


医療機関以外は漂白薬剤の使用不可

漂白しないので関係なし


しみにくい

市販品・エステと歯医者の違い
市販品・エステと歯医者の違い

歯医者さんで行うホワイトニングは、医療機関である歯科でしか取り扱うことのできない薬剤と照射システムにより、歯の着色や歯自体の黄ばみをしっかり分解し、「本来の歯の色よりも白く(漂白)する」ことができます。

美容室やエステサロン、市販のホワイトニング剤等のホワイトニングでは、歯の汚れは落とせても、歯の色を本来の色より白くすることはできません。歯の漂白効果が学術的に認められている薬剤は、歯科医師・歯科衛生士でないと使用できないと法律で定められているからです。

ノアホワイトで歯を白くする3つのメリット

メリット1 笑顔に自信がつき、思い切り笑える

メリット2 周囲からの好感度・第一印象アップ

メリット3 歯を守り、全身の健康にもつながる

ノアホワイトで歯を白くする3つのメリット

白い歯は、あなたを明るく美しくします。
キレイになりたい、人と接する仕事をしている、大切な行事がある、そんなあなたにお勧めです。

ノアホワイトは、虫歯や歯周病の予防にも効果が期待できるため、歯とお口の健康を意識されている方にもおすすめです。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニング

歯科クリニックにご来院いただき、行うホワイトニングです。歯の表面にホワイトニング薬剤を塗布し、光を当てて歯を白くします。

[おすすめの方]
オフィスホワイトニングは、効果が現れるのが早いため、大切なイベントの予定がすぐにある方、より早く白さを手に入れたい方におすすめです。

※ホームホワイトニングを併用すると、より色の後戻りを防ぎ、美しい白い歯を維持できます。(デュアルホワイトニング)

メニュー・料金

【オフィスホワイトニング】(奥歯を除く16本)

お試しホワイトニング
(ほんのり白くしたい方)
18,800円(税込20,680円)/1照射
スタンダードホワイトニング
(基本のプラン)
24,000円(税込26,400円)/3照射
ハイホワイトニング
(しっかり白くしたい方)
34,000円(税込37,400円)/5照射

ホームホワイトニング
ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。奥歯を含む、すべての歯を白くできます。
初めに当院で歯の型どりを行い、あなた専用のマウスピーストレーをつくります。ご自宅でトレー内にホワイトニング剤を入れ、好きな時に一定時間装着することで歯を白くします。

オフィスホワイトニングに比べると、白さの実感には時間がかかりますが、色の後戻りが少なく、歯への刺激がより少ないのが特徴です。

[ホームホワイトニングの比較]

一般的なホームホワイト ノアのホームホワイト
漂白効果
痛み
色戻り △(しやすい)
歯が脱水するため
◎(しにくい)
歯をコーティングするため
飲食物の制限
濃い飲食物に制限あり

制限なし
装着時間 ✕(長い)
2時間程度
○~◎(短い)
ライト有の場合:8分
ライト無:20~30分
メニュー・料金
ホームホワイトニング 18,000円(税込19,800円)

■ 内容:専用マウスピース上下+ホームホワイトニングジェル1本(約1週間分)

■ 通院回数2回

デュアルホワイトニング
デュアルホワイトニング

「オフィス」と「ホーム」を併用したホワイトニング。それぞれの短所をカバーし、早く確実に白く、そして美しい歯を長く持続します。最も効率的かつ効果的なホワイトニングの方法です。

料金
デュアルホワイトニング
  • スタンダードホワイトニング×3回
  • ホームホワイトニング
    • ①専用マウスピース上下
    • ②ホームホワイトニングジェル1本(約1週間分)
80,500円(税込88,550円)
通常:90,000円(税込99,000円)

■ 来院回数:3~4回

ホワイトニングの主なリスク・副作用

ホワイトニングの主なリスク・副作用

ホワイトニングに使用する薬剤は安全性が確認されておりますが、ホワイトニングを控えた方が良い方もいらっしゃるため、ご不安な方はご相談ください。

虫歯・歯周病、歯にヒビがある 虫歯や歯周病などの治療前にホワイトニングを行うと、薬剤により痛みがでる可能性があります。
妊娠中・授乳中 安全性は確認されておりません。
子ども 特に14歳以下のお子様の場合、歯の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。
無カタラーゼ症 ホワイトニング薬剤が原因となり口腔壊死などを引き起こす可能性があります。
光過敏症 光に対して過敏症のある方は、光を照射しないホームホワイトニングをおすすめいたします。オフィスホワイトニングは光を照射するため注意が必要です。

ホワイトニング 症例

CASE 1

治療前

治療前
治療後
治療後
治療内容 上下のオフィスホワイトニング(スタンダードホワイトニング)
治療費用 24,000円(税込26,400円)
治療期間 1日
主なリスク・副作用 ホワイトニング後に歯がしみる可能性があります。

ホワイトニングの流れ

カウンセリング
ご要望やホワイトニングに関してご不安なこと等、何でもお話しください。
ご不明な点は全て解決されるまでお答えいたしますので、ご安心ください。
口腔内チェック
ホワイトニングを行う前に、虫歯や歯周病の有無などを確認し、問題なくホワイトニングが行えるか検査いたします。
写真撮影
ホワイトニング前後の歯の色の変化が分かるように、ホワイトニング前に歯の色の写真をお撮りします。
オフィス
ホワイトニング
ホーム
ホワイトニング
歯の汚れ除去 型取り・マウスピース作製
歯の表面に付着している汚れを取り除きます。 あなた専用のマウスピースを作製するために、歯の型どりを行います。
より効果的にホワイトニングが行えるよう、高精度のマウスピースを作製します。
ホワイトニング薬剤塗布 薬剤とマウスピースのお渡し・説明
処置を行う歯の表面にホワイトニング薬剤を塗布します。 マウスピース完成後にご来院いただき、薬剤と一緒にお渡しいたします。
同時にホワイトニングの方法もご説明いたします。
光照射 ご自宅でホワイトニング開始
目を保護するためサングラスを付けてから光を照射します。
射した光とホワイトニング薬剤が反応して歯が白くなっていきます。
ご自身で行うホームホワイトニングのスタートです。
継続して使用し、輝く白い歯を手に入れましょう。
歯の色チェック

■ 治療回数:オフィス1回、ホーム2回
■ 治療期間:オフィス1日、ホーム1週間(1週間以上も使用可)

※治療回数・期間は目安です。状態や求める歯の白さにより異なります。

ホワイトニングQ&A

Q男性でホワイトニングされている方はいらっしゃいますか?

A

いらっしゃいます。特に人と接するご職業の方や管理職の方は歯を気にされる方が多く、ホワイトニングもされています。結婚式前にホワイトニングをされる方もいらっしゃいます。

Q男性でホワイトニングされている方はいらっしゃいますか?

A

いらっしゃいます。特に人と接するご職業の方や管理職の方は歯を気にされる方が多く、ホワイトニングもされています。結婚式前にホワイトニングをされる方もいらっしゃいます。

Qホームホワイトニングでジェルを塗ったまま寝ても大丈夫ですか?

A

規定の塗布時間を過ぎて使用した場合、神経に炎症が起こり、神経を取り除く処置が必要になる場合がございます。塗ったまま寝ないよださい。

Qホームホワイトニングでジェルを塗ったまま寝ても大丈夫ですか?

A

規定の塗布時間を過ぎて使用した場合、神経に炎症が起こり、神経を取り除く処置が必要になる場合がございます。塗ったまま寝ないようお気を付けください。

Qホワイトニングは定期的に行わないとダメですか?

A

ご希望の白さを維持されたい場合は、定期的に行っていただく必要がございます。ホワイトニングで白くなった後、、少しずつ色戻りが起こります。色戻りの度合いは個人差がございます。

Qホワイトニングは定期的に行わないとダメですか?

A

ご希望の白さを維持されたい場合は、定期的に行っていただく必要がございます。ホワイトニングで白くなった後、、少しずつ色戻りが起こります。色戻りの度合いは個人差がございます。

Q痛みはありますか?

A

健康な歯であれば基本的に痛みを感じることはございません。また、当院のホワイトニングは一般的なホワイトニングと比較して、痛みがでにくいのが特徴です。そのため、他院のホワイトニングで痛みのために断念した方にもおすすめです。

しかし、日常生活の中で冷たいものにしみる方、知覚過敏のある方等はホワイトニング薬剤やオフィスホワイトニングで使用する光の熱によって、しみるような痛みを感じる可能性があります。その場合は、照射回数や時間、薬剤を調整する等ご対応が可能です。

その他、虫歯のある方、不適合な詰め物などが入っている方、歯に亀裂のある方、歯根が露出している方も痛みを感じる可能性があります。

当院ではお口の診査を行った上でホワイトニングを行わせていただいておりますので、ご安心ください。

Qタバコを吸っています。ホワイトニングは可能ですか?

A

喫煙されている方もホワイトニングは可能です。ホワイトニング後、歯は白くなりますが、その後の喫煙によりヤニがつけば色戻りのスピードは速くなります。

しかし、定期的なクリーニングやオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングを併用し、ヤニの付着を防ぐことで、色戻りは抑えられます。

Q妊娠中や授乳中でもホワイトニングはできますか?

A

妊娠中や授乳中の胎児への影響に関しましては、ホワイトニング剤の安全性を確証するデータがありません。そのため当院では、安全性を考慮し、薬剤を使用してのホワイトニングは行っておりません。

Q妊娠中や授乳中でもホワイトニングはできますか?

A

妊娠中や授乳中の胎児への影響に関しましては、ホワイトニング剤の安全性を確証するデータがありません。そのため当院では、安全性を考慮し、薬剤を使用してのホワイトニングは行っておりません。

Q歯の治療中ですが、ホワイトニング可能ですか?

A

治療中の歯は、ホワイトニングができない場合がございますが、治療中の歯のみ避けてホワイトニングできる場合もございますので、ご相談ください。

Q歯の治療中ですが、ホワイトニング可能ですか?

A

治療中の歯は、ホワイトニングができない場合がございますが、治療中の歯のみ避けてホワイトニングできる場合もございますので、ご相談ください。

Q矯正治療中でもホワイトニングできますか?

A

マウスピース矯正の場合は行うことが可能です。歯の表側にワイヤーを装着している矯正の場合は行うことができません。

Q詰め物や被せ物などの治療をした歯も白くなりますか?

A

人工物(プラスチックやセラミック、金属など)は白くなりません。白くなるのは天然の歯の部分のみとお考えください。

Qホワイトニング後に注意することはありますか?

A

特にございません。当院のホワイトニング後はすぐにご飲食可能です。

Qホワイトニング後、どれくらい白さを持続できますか?

A

ホワイトニングによって一度白くなった歯も、少しずつ色戻りが起こります。生活習慣等により持続期間は異なりますが、3ヶ月~10ヶ月程度となります。

Qホワイトニング後、どれくらい白さを持続できますか?

A

ホワイトニングによって一度白くなった歯も、少しずつ色戻りが起こります。生活習慣等により持続期間は異なりますが、3ヶ月~10ヶ月程度となります。

Q歯の白さを維持するためには、ホワイトニングを受ける頻度はどのくらいが良いですか?

A

一人一人の歯の色戻りの状態により変わりますが、オフィスホワイトニングの場合は、基本的には3ヶ月~4ヶ月に1回がオススメです。

ホームホワイトニングは、2週間~1ヶ月に1回行うことで白さの維持がしやすくなります。

Qホームホワイトニングの効果は、どのくらいででますか?

A

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと比較すると効果が現れるまでに時間がかかります。ホームホワイトニングを単独で行う場合は、1ヶ月程度で効果を実感される方が多くなります。

Qホームホワイトニングの効果は、どのくらいででますか?

A

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと比較すると効果が現れるまでに時間がかかります。ホームホワイトニングを単独で行う場合は、1ヶ月程度で効果を実感される方が多くなります。

Qホームホワイトニングは1日どのくらい行うのですか?

A

マウスピースに薬剤を入れ、約30分間装着してください。ライトを併用する場合は、約8分です。

Qホームホワイトニングは毎日行うほうが良いですか?

A

間隔をあけて行うよりも、毎日連続して行った方が効果が早く実感できます。